茨城県笠間市石井の氏神さまである石井神社は、織物(芸術・産業)の神である御祭神建葉槌命の御神徳のもと、古来より地域の発展と氏子の平安を願い続けています。



石井神社境内整備事業に御協力のお願い

平成23年の東日本大震災にて被災し、境内入口の鳥居は、支え木がないと倒壊するおそれがある状態になっています

そこで、氏子総代らと協議し「石井神社境内整備事業実行委員会」を立ち上げ、平成29年3月にその概要を決議、平成29年6月より建替えを含む境内整備事業を開始、奉賛事業と工事を進めています

氏子各位にはご奉賛にご協力いただきますよう、切にお願い申し上げる次第です

詳しくは「整備事業」のページをご覧ください

当サイトについて

平成29年3月からウェブサイトを公開しました

管理は1月に東京から転居して、奉仕している禰宜が行っていました

同年4月2日に前宮司が逝去し、5月9日より辞令をいただき宮司に就任しています

名古屋出身でこの地にはゆかりのない宮司ですが、縁あって宮司を務めています

古くは大いに栄えた石井の地、過疎化や少子化が進む時代ですが、氏子の皆さんや商工業を営む皆さんたちとともに、石井を盛り上げていくようがんばっていきます

定期的にブログも書いていきます、Facebookとともによろしくご覧ください

Facebook

朝からJアラート、北朝鮮ミサイルまたも発射されましたね
一応避難をしましたが、平和ボケと言うか、どうせ通過するだろう程度にしか見ていない人がほとんどかもしれませんね
ひと昔前なら技術のない国でしたから落ちてくる心配があったんですけど、悪い事に進歩してしまいましたから、安心してしまうと言うよくわからない状況です

さて今日は15日なので月次祭を斎行しました
臨時アルバイトの日たったので、いつもより早めの8時から行いました
祝詞には北朝鮮など国際紛争がなくなり世界平和を祈る文言を追加して祈念しました
今日の神饌にはご近所や元総代さんからいただいたジャガイモ、ゴーヤ、ナス、梨などをお供えしました
ありがとうございます

また、境内整備ももだんだんと進んでおり、鳥居の基礎が完成し、参道の敷石作業に移っています

石岡では今日から常陸国総社宮でお祭りです
関東でも大きな祭の1つで、常陸国全体のお祭りでもあります
総社とは簡単に言うと、その地域(例えば常陸国)の神社に国司が全部お参り行くのが大変だから、神様集めておいて一回でお参りしちゃおう、と言うような感じです
ですから石井神社も含まれているのかな?調べてないですけど
石岡には国府があったので総社があります
特に常陸国は古来から朝廷、幕府などから重要とされていた土地柄ですから、お祭りも賑やかですね
今日はラーメン屋さんの新装開店のお祓いと祈願でした
友部なので氏子区域外なんですが、ここに親戚が勤めており、他の神社に頼んだのですが都合が合わなかったようで行ってきました

この後プレオープンのようで、準備に追われる中でしたが、お祭りの時間は集中して、お参りも心を込めてして下さいました
美味しそうですね
今度家族で食べに行こうかと思います


掲示を見て、氏子さんから御朱印始めたのかとお祭りの時に聞かれました
急に始めたのではなく、春から掲示をしているだけなのですが…
風防祭の時に再びお参りに来られ、今の御朱印帳は他の神社から始めたから、新しい御朱印帳ちょうだい、と
いや、うちは御朱印帳仕入れてないことを説明しましたが、前に試しに作った手作り御朱印帳はありますと言ったら、それちょうだいと…

値段はと言われて、悩んだら1500円置いて言ってくれました
御朱印帳第一号で、貴重だと喜んでもらったのですが、果たしてこんなもので良いのか難しいところです

先日草加から来られお参りされた方にも、不在だったので郵送したんですが、御朱印ブームなんですよね
80歳の方で、あとで参拝記録も送っていただきました

朱印もないので御神名に神璽を押してますが、作らないといけないかなあと思いながら
書道も練習しないと下手くそですしね

御朱印帳は倭文織の祖である御祭神ですので、生地を貼ってあります
倭文織についてはどのようなものなのかはっきりと調べてはいないのですが、青や赤の縞織みたいです
試作品はデニム生地を使っていますので、あまり関係はないのですが…
中には奉書を張り合わせ、表紙をつけてあります

手持ちのがなくなったので、また試作してみますので、もしもご希望がありましたらお申し付け下さい
だんだんと上手くなると思いますが、デザインなどはどうにもならないので、ご容赦下さい
他にも千代紙や着物の生地などを集めてありますので、いろいろな種類を試しに作ってみようかと思います

手作りだったので、手元からなくなるとなんだか寂しいものですね
風除けのお祭り、台風避け、五穀豊穣を祈念しました
今年は天候不順なので、農作物の出来が心配です

お祭り当日の天気は晴れて☀️良かったです
日差しも出ながら日陰は涼しい最高の日和でした
午後からは石井共栄会が行う共栄祭
金魚すくいやスイカ割り
バルーンアーティストが子供達にいろいろとつくってくれたり
地元のダンススクールの子供達のキッズダンスショー
可愛いですね
がんばって練習の成果出せたかな
大抽選会も景品が年々増えてますので、1時間40分くらいかかりながらも、多くの皆さんが参加してくれます

夏の終わりのお祭り、子供達も宿題に追われている中で楽しんで頂けましたでしょうか
地元商工業の集まりの石井共栄会を初め、石井長男会、消防団など皆さんありがとうございました
感謝
8月21日夏越の大祓を、旧暦の6月水無月晦日に行いました
新暦で行うところが多い中、石井神社ではずっとなのかは分かりませんが、旧暦で行なっています
新暦6月30日ってどうでしょう、梅雨の真っ只中か夏の入りってとこですよね
旧暦では4月〜6月が夏ですので、夏越の祓は秋に入る前の日、今年は8月21日
だいたい夏の初め頃にあたるのですが、今年は遅めです
夏を越すと書くし、この時期の方がしっくりくるのかもしれないですね

夏の気力が衰える時期、また昔は疫病が流行ることもあり、心身のけがれ(気力が枯れる)を祓い清めます
前に書きましたが、今年は行事を少し変えてみました
まず事前に人形を用意しました
賽銭箱横に設置しただけで周知してなかったのですが、当日の総代さんの分を合わせ50くらいなりました

大祓は茅の輪をくぐってから拝殿で行なっていたものを、茅の輪前で行った後、和歌を詠みながらみんなでくぐりました

その後昇殿してお田植祭です

総代さんたちは、今年の大祓は良かったと言ってくれましたし、来年はもっと周知して一般の参列があるようにできたらと思います
人形も増やしたいですね

あとは茅の輪の大きさ、腰までかがまないと通れません
前から小さいと言っていたそうですが、枠は毎年同じものでしたので、仕方ないです
来年は大きくするよう早めに準備しようという事になりました

今まで神社の夏越の祓をみた事がないので、来年はどこか参考に見に行こうとも思います

あとは反省事項
夜の提灯明かりの配線がダメみたいで、しばらく灯してなかったようです
夜になってから聞いたので間に合いません
電池式のとかを考えた方が良いかな…
あと照明をつけ忘れて直会していたのでら境内は寂しい状況だったみたいです
どうもすみませんでした

さて日曜は風防祭です
午後から石井共栄会のお祭り、屋台やイベント、コンサートなど盛りだくさん
4時からはディズニーリゾートのパスポートなどが当たる抽選会
工事中の境内ですが、工夫してみなさんが楽しめるよう準備していきます
昨日は笠間市が行う笠間のまつりでした
笠間稲荷神社近くで行なっていますが、神事ではなく賑わい行事です
市外からも観光客が来ているようです
祭にはねぶたや神輿などが出ています
また学校の子供達手作りのねぶたなどが練り歩きます

ねぶたもそうですが、神輿なども笠間以外から来ていますので、どうも違和感があります
初旬にある八坂神社祇園祭は、地元の神事なのに現在行政のバックアップはない状況、なんとかならないのかと感じます
いろいろと事情があるのかもしれませんけど

市も観光協会なども、もう少しやりようがないのでしょうかね
人出もあるようですが、少し裏に入ると人気もないです

それとは別に石井の図書館前では、石井ひゃっこい祭が行われていました
石井長男会などが出店をしたり、ライブをしたり、それなりに楽しんでいました

盆明けの土曜にある石井神社とは関わりのない祭ですが、今後何かしら考えて行くヒントになりそうです

さて明日は夏越の大祓、輪くぐり神事、お田植祭です
宣伝しないわりにはそこそこ人形の祓も集まりました
大祓で夏の疲れを吹き飛ばし、冷夏に負けず豊作をしっかりと祈願致します

多くの神社では、夏越の大祓を6月30日に行っています

石井神社では旧暦の6月末日で行っていて、今年は8月21日(月)午後5時から行います

例年はおそらく社殿に総代さんたちが上がり、夏越しの大祓・御田植祭のお祭りをしていたと思われます

回覧板などでお知らせをしていますが、一般の参列もしていただきたいし、もっと神社に足を運んで欲しいので、例年に加えてちょっと新しく宮司の色を出してみようかと思いました

多くの神社では人形(ひとがた)をお配りして、半年の罪、穢れをとって神社にお納めしていると思います

石井神社も今年から人形を作りました

手作りなので、いびつな形になってますが…。ひとつひとつ違うのも味があって良いでしょうか

社殿前に設置しましたので、ご家族分持って行って下さい

ご案内の通りの手順を経て、神社にお納め戴きましたら、神事当日お祓いを致します

茅の輪はおそらく8.月21日の当日に設置するようです

それ以降もしばらく残すように年番区にはお願いしておきますので、当日だけでなく設置している間に、輪くぐりも行っていただければと思います


8月7日(月)に大鳥居の地鎮祭を行いました

夏祭りも終えて、またまた境内は工事にかかります

鳥居竣功までご迷惑をおかけしますが、ご了承ください

鳥居も骨組みは出来あがり、あとは屋根付け、装飾などを行い組み立てる状態まで進んでいます

基礎工事が始まりましたが、石畳の張替えや板垣の移動なども含めまだまだやることが多くあります


お盆に入りますので、家には祭壇を設置しながらいろいろと思い起こしていました

鳥居の竣功の姿を前宮司に見せたかったのですが、全然間に合いませんでした

墓前にしっかりと報告できるよう、進めていきたいと思います


八坂神社を出て石井神社まで無事神輿が渡御されました
午後からは日差しも出て暑い夏祭りとなりました
夜は稲荷前で市長が率先して盛り上がってました
楽しい賑わいですが、石井の夜は淋しいですね、なんとかもっと盛り上がるように考えていきたいと思います
明日はいよいよ鳥居の基礎工事が始まります
地鎮祭は8時からです
毎朝境内では、子供会によるラジオ体操が行われ、子供達の元気な姿が見られます
子供の顔を写すと何かと面倒な時代ですから、写真は控えておきます
朝から元気な子供たちがいると、なんだか朝の掃除も楽しいです

さて週末は夏祭り、笠間祇園祭です
八坂神社の神輿が、日曜には石井まで練り歩き、お迎えのお祭りが行われます
8月1日は早めの月次祭をしてから、兼務する神社の祇園祭を行いました

土曜も別の神社で祇園祭です
ここは宗教法人ではなく、集落の方々がずっと守っているお社ですか、祭祀をずっとさせてもらっています
全国には神社本庁に所属する神社が約8万社ありますが、ここは法人ではない神社です
法人であるメリット、例えば境内地の固定資産免除などがないですが、神社庁や神社本庁に納める負担金などはないわけで、行政に提出を義務づけられる書類なども不要ですし、これも1つの形かなと思います

それはさておき、明日には町の方々により清掃や飾り付けなど準備をします
総代さんと確認をしていたら、町の境界にたてる忌竹に付ける輪の用意が必要みたい

なんだろ
家族や総代の記憶を集めてみると、輪注連と言うもののようで、ワラで編んでいるみたい
八坂神社との打ち合わせを終え、夕食風呂を済ませ、さてどうしようか
とりあえず検索
なんだか注連縄の要領で丸くしたら良さそう
先代宮司が作っていた形は家族に聞いたので、なんとなくやってみる
手足を使ってクルクル
注連縄はこんな感じで作っていくので、丸くして見て藁をつけながら、最後に紙垂を
こんなもんかな
検索では色々なのが出て来たが、うちはこんな感じで作って見て、家族も似てると言うのでいいかな
形はともかく、心を込めてなんとか作りましたよ
ようやく終わったけど、風呂入り直しだな

天王塚社の御祭神は、建速須佐能男大神さま

神代の昔に出雲国にて八岐大蛇を退治し、天下の災厄を除き、人民の病難を助けました。

また開拓の守護神としてなど、日本全国の多くの神社で祀られています。

 天王塚は、現在大町に鎮座する八坂神社の古来の鎮座地で、鎌倉時代笠間城主が下野国小貫より今の天王塚の地に遷座しました。

室町時代の終わり頃、現在の大町に遷座してより当地を「天王塚」と称し社殿を造営し、以降毎年の8月、現在は第一週の土日の八坂祇園祭では、当地までお神輿で渡御します。

 現在の社殿は各位の御浄財を賜り昭和60年に造営され、以降7月26日を例祭日として祈願祭と併せて齋行されています。また昨年には玉垣の改築も行われ、益々御祭神の御神威の発揚がなされています。



神饌にはいつもカツオを上げているようで、神社の前の居酒屋「おもしろさかなや」で2尾お願いして、1尾をお供え、1尾を直会用にさばいて用意してもらいます

天王塚の土地は神社の土地ではなく、地主さんの御協力のもと整備されています

場所もないので、道路を挟んで参列してもらいます


初めての祭典でしたが、滞りなく進めることができました

動画を見て、手さぐりの祭典でしたが、問題なかったと思います

例祭ですので、今まで行っていませんでしたがあ、御扉の開閉扉を加えました

終了後の直会では、祇園の歴史を説明させていただき、夏の疫病消除などの祈願を祝詞で祈ったことなどを解説しました

平日の昼間ですので、来られない総代さんたちも多く、こじんまりとした直会となりましたが、結構盛り上がりました

鳥居の進捗も説明があり、骨格は出来あがっているとのことで、あとは運搬と組立ての算段をする状況です

あとは鳥居の朱色をどういう色にするのか、鳥居につける屋根をどうするのかなど決めるべきことがあるようです

寄付も順調にいただいており、なんとか鳥居だけでなく、玉垣の整備の予算もまかなうことができればと思います


夏ですね〜
ニイニイゼミとアブラゼミの抜け殻が、いっぱい境内の木々に見つかります

今日は大絵馬の補修が終わったとのことで、急遽集まれる総代さんに来てもらって作業でした
先日外した額の汚れがひどかったので、全部洗ったちゃおうとのことに
拝殿を埋め尽くしていた額を全て外します
ガラーン
でエアーでホコリを吹き飛ばします
外では、何十年、いや百年超えかもしれないホコリを洗い飛ばします

綺麗になっていきます
なんと、額の裏の分厚いホコリの下から文字があらわれました
戦役に送り出した時のものでしょうか?

ついでに、数十年前と思われる落書きも(笑)こんな高いところに誰だろう書いたの…

鳥居⛩の寄付奉納額をかけるため、調整もありますので、しばらく10数枚の額は倉庫に眠らせます
秋の例祭前にはかけ直そうと思います
大絵馬だけ台に乗せて飾っておきます




7月26日の天王塚社の例祭に向けて、飾り付けや清掃です
これから夏のお祭りが続きます

朝から総代さんたち集まって作業、日が陰っていたので、暑さもマシでした
またケヤキも剪定した方が良いとのことで、総代さんの作業車が出動
高いところまで剪定してくださいました

ついでに境内樹木の剪定もみんなで

またついでに拝殿の大絵馬も綺麗にしたかったのでお願いして、みんなで降ろしました
高圧洗浄機で綺麗になっていきます
ついでに古い寄付者名簿も整理したく、2つ降ろして洗浄
これらは倉庫に片付けて、今回の寄付者名簿を飾る為にスペースを空けておきます
しかしホコリが半端ないですね〜何年、いや何十、いや100年超えてるか
前に整理した大絵馬と2枚とも額を修理するとのことで、大工さんのところに持って行きました
価値はわかりませんが、どちらも江戸時代のものなので、大切にしていきたいと思います

鳥居もなく、樹木剪定もしてスッキリした境内になっています
なんだかスッキリしすぎていますが、まあ夏だし良いですかね