まもなく石井の夏がやってきます

境内整備記念大祭を斎行 皆様ありがとうございました

平成30年6月3日(日)記念大祭を齋行し、約500名の来社、昇殿祈願約200名のご参加をいただきました 関係各位の御協力に深甚なる感謝を申上げます

今後とも石井神社を宜しくお願いいたします

    石井神社 宮司 水田和宏

茨城県笠間市石井の氏神さまである石井神社は、織物(芸術・産業)の神である御祭神建葉槌命の御神徳のもと、古来より地域の発展と氏子の平安を願い続けています。

当サイトについて

平成29年3月からウェブサイトを公開しました

管理は1月に東京から転居して、奉仕している禰宜が行っていました

同年4月2日に前宮司が逝去し、5月9日より辞令をいただき宮司に就任しています

名古屋出身でこの地にはゆかりのない宮司ですが、縁あって宮司を務めています

古くは大いに栄えた石井の地、過疎化や少子化が進む時代ですが、氏子の皆さんや商工業を営む皆さんたちとともに、石井を盛り上げていくようがんばっていきます

定期的にブログも書いていきます、Facebookとともによろしくご覧ください

先日、神社の土地の境界確認に行ってきました
神社から数キロ離れた山の奥、山林の一部に神社の土地があります
隣接するところに太陽光発電施設を作るとのことです
初めて足を踏みいれましたが、車も入れない山の中、しかもその一部が神社の土地
なんでこんなところに土地を持っているのでしょう
全く見当がつきません
固定資産税の支払いでこの土地があることは知っていましたが、神社の土地ですから管理もしっかりとしないといけませんね

しかし何かに使えるところでもないし、どうすれば良いのでしょうか・・・


さて、先日ありがたいことに神職身分二級に昇級いたしました
連絡をいただいた時には、勤め先の仕事の出張が入ってましたので辞令交付式は欠席しました

今日郵送で辞令が送られてきましたが、自分の誕生日の日付でした

これも何かの縁ですね

神主には身分というのがあり、経歴や所定の研修、学歴などをおさめると昇級します

わかりやすいところでは、袴の色が三級だと浅葱色(青緑っぽい)のが二級で紫色となります

ちなみにその上は二級上(紫色袴に薄い紋(同色)が入ったもの)、一級(紫色袴に濃い(白い)紋が入ったもの)、特級(白色袴に紋が入ったもの)のような感じです

袴の色が変わったところで中身が伴わないと意味がありませんので、これからも神明奉仕に勉強に努力を続けて、地域のために尽くしていきます



今日は風除けのお祭り、風防祭が行われます
毎年暦の二百十日の前の日曜日、だいたい夏休みの終わりの最後のイベントになります
11時から祭典
13時から石井共栄会が主催する「夏だぜ!石井共栄祭」です
色々な屋台や子供さんが楽しめるイベント、大抽選会などがあります
今年一番の暑さになりそうですけど、ぜひ遊びに来てください
旧暦で行なっているので、8月10日に石井神社では夏越しの大祓、茅の輪くぐりとお田植祭を行いました
今年から茅の輪を大きくしたいと話していて、総代さんが大きい枠を作って下さいました
台風で仕方なく準備は当日早朝となりましたが、年番区の総代さんたちと一緒に作業を行い、立派に仕上がりました
茅は枯れてきてしまうけど、お盆明けまで置こうと思いますので、茅の輪くぐりにお越しください
境内は夏祭りに模様替え
鳥居が新しくなって初めての夏
祇園祭は古くは石井に鎮座した八坂神社の神さまが、神輿で里帰りします
町では子供神輿が2基渡御され、朝早くから準備が進められました
お昼には兼務する白山神社の祇園祭を奉仕してきました、兼務の祇園は今日で全て終了です
二所神社では仕事で榊とっていた氏子さんから、たくさん榊をいただきました
これだけなかなか手に入らないですよね
ありがたい

明日は本神輿の渡御です
7月26日は笠間の八坂神社の元の鎮座地である天王塚社の例祭でした
なぜかあの暑さはどこへやら、涼しい中でのお祭りでした
総代や八坂神社関係者参列いただき、いつも通り神饌には鰹が

なぜなんでしょうか、古い総代に聞いてもわからないので、考えないことにしています
直会でも鰹をたっぷりといただきました

今週火曜の夜だと思うのですが、賽銭泥棒にあいました
境内社の青麻神社の賽銭箱が動いていて、引き出しが開いていたようです
宮司は仕事で東京にいましたので、警察に電話で通報だけしてあとは家族に任せました
近隣の皆様ご注意を
昨日は月次祭でしたが、祈願の申込がありましたので、併せて祈願者にも参列いただき行いました
大輝とまゆみさんは以前当社で祈願してから、仕事がどんどん決まっているとのことで、新曲の発売に合わせてヒット祈願を行い、支援者やお仲間25名ほどが参列されました
祝詞の後、新曲の奉納をいただき、狭い社殿に歌声が響きわたりました
その後社務所で直会、今日は笠間周辺を営業で二箇所回るそうです
芸術の神のご神徳で、最近飾るものが多くなってきました

14日にNPO笠間の魅力発信隊が行う「ふれあい教育旅行」の受け入れを行いました

千葉県浦安市から高須中学校の2年生を3人受け入れて、農業体験や神社の勉強をしてもらいました

初めてのことなので、何をしようか考えていたのですが、まあその場の状況で対応しようかと…

笠間体育館に3人を出迎えて、神社に到着、まずは神社をお参りして有意義な時間を過ごせるようにお願いをしました

午前中は農業体験

きゅうりやブロッコリー、じゃがいも、らっきょなどを収穫しました

お昼ごはんには、とれたての野菜を配給のお弁当といっしょに食べてもらいました

自分で収穫した野菜は美味しかったようです

普段はマンション暮らしなどなので、なかなかできない体験のようでした


午後からは白衣と袴に着替えてもらって、神主さんの一日体験

まずは社務所で紙垂や御幣を作ってもらいました

紙垂は後ほどの玉串拝礼で、自分の作ったものでお参りです

御幣はみんな上手に作れました、家に持って帰って神棚に飾ってもらいます


その後、境内を回って神社の説明や神主さんのお仕事についてお話しを聞いてもらいます

手水の作法もみんな覚えてくれたかな?

社殿に入ってお祭りのことをお話ししました

浦安は埋め立て地が多いので、新しい町の方は神社がないそうです

神社に入るのは、七五三以来みたいです

先程作った紙垂を玉串に付けてもらって、祭典にのぞみます

途中に説明を入れながら、お祭りに参列をしてもらいました

体験学習の成果を報告して、皆さんやご家族が元気に仲良く暮らせますように、少し分かりやすく祝詞をあげましたけど、やっぱりむつかしくてよくわからなかったようです(笑)

あっと言う間に終了の時間に

お守りが欲しいとのことで授与して、収穫した野菜を少しお土産に

急いで着替えて、集合時間に遅刻しつつ集合場所へ

みんな相当楽しかったようで、一緒に写真を撮ってお別れです

人生で一番貴重な時間だったと感想をもらったけど、まだ10数年しか生きてないのにね

すぐ戻って、バスの出発前に写真を印刷して、データを焼いて先生に届けておきました

みんなの笑顔の写真思い出に残るといいですね

バタバタでお別れの挨拶もろくにできなかったけど、また大きくなったら遊びにきて下さいね


いい写真いっぱいあったけど、WEBには顔出しNGなので、雰囲気だけアップです


境内の整備も完了し、あとはお祭りです
準備ができているのか、できていないのかもわからない状況ですが、なんとか終わるといいですね
改修前と比べてください
これだけ皆さんのお力で変わることができたんです
さあお祝いしましょう

明日は降水確率0パーセント
梅雨の心配を総代さんとか色々言われたけど、過去の暦や天気データから必ず晴れると思い設定しました
その思いが通じたようです

屋台はフランク、焼き鳥、かき氷、生ビール、ベビーカステラ、焼きそば、金魚すくい!ヨーヨー釣りなどを予定
もうけ度外視なので安い設定ですよ
皆さん楽しんでくださいね
あと駐車場がいっぱいになってしまったら、運動公園の駐車場など近隣のところを探してください、係員も案内しますのでよろしくお願いします
5月も終わりですね
今日は総代の皆様のお手伝いにより、テント建てたり、旗竿あげたり、祭典の準備を色々と進めました
細かいことはたくさんやってないですけど、なんとなく出揃ってきたように思います

と言っているうちに日付も変わり6月です
お祭りまでもう時間がない
少し気分転換にライトアップした写真を撮ってきました
外には珍しいのか通りすがりに写真を撮る人影も
結構評判良いです(笑)
この前作った健脚守もご祈願しました
明日から頒布開始ですので、良かったらどうぞ
初回の奉製は200個です
さて何年かかるのか、今年でなくなるのか…
また大祭当日より限定の御朱印も50枚出します
紙に焼き印した御朱印は私はかつて知りません、もしかしたら世界初かもしれません
当日は宮司1人神社なので、多忙で対応出来ないのと、お持ちの御朱印帳には怖くて押せませんので、用紙でのお渡しのみになります
こちらもお楽しみに