茨城県笠間市石井の氏神さまである石井神社は、織物(芸術・産業)の神である御祭神建葉槌命の御神徳のもと、古来より地域の発展と氏子の平安を願い続けています。

石井神社境内整備事業に御協力のお願い

平成23年の東日本大震災にて被災し、境内入口の鳥居は、支え木がないと倒壊するおそれがある状態になっています

そこで、氏子総代らと協議し「石井神社境内整備事業実行委員会」を立ち上げ、平成29年3月にその概要を決議、平成29年6月より建替えを含む境内整備事業を開始、奉賛事業と工事を進めています

氏子各位にはご奉賛にご協力いただきますよう、切にお願い申し上げる次第です

詳しくは「整備事業」のページをご覧ください

当サイトについて

平成29年3月からウェブサイトを公開しました

管理は1月に東京から転居して、奉仕している禰宜が行っていました

同年4月2日に前宮司が逝去し、5月9日より辞令をいただき宮司に就任しています

名古屋出身でこの地にはゆかりのない宮司ですが、縁あって宮司を務めています

古くは大いに栄えた石井の地、過疎化や少子化が進む時代ですが、氏子の皆さんや商工業を営む皆さんたちとともに、石井を盛り上げていくようがんばっていきます

定期的にブログも書いていきます、Facebookとともによろしくご覧ください

私のこれまで見てきた神社の中で、一番立派な車止めです
大工さんにこのようなフォルムをお願いしたら、想像をはるかに超える良いものを作っていただきました
鳥居⛩のデザインや色もかっこよく出来たと思いますが、これもかなりお気に入りです

鳥居も参道も綺麗になったので、これが欲しかったのです
なぜかというと、過去に鳥居の間を車が入ってきたことがあるそうなんです
信じられないけど、一度だけではないらしいのです
都内の神社では土地の問題で鳥居を抜けて駐車場ってのもたまにありますが、さすがに遠慮いただきたいものです
あとは横の道から参道の敷石に平気で車で乗っかってUターンする輩もいますので、その対策も考えています
綺麗になったから対策するってのも本当は良くないのですが、この機会に考えていきます

あと、鳥居のことでよく聞かれるので書いておくと、高さ約6メートル、両翼で8メートルですよ

御神木のケヤキも色づいてきました
でもこんなに違いがあるんですね、改めて見てびっくりしました
誰もいない時の写真も撮っておきました
夜のライトアップも綺麗でした
提灯は綺麗なので週末まで灯りを入れておくことにしました
この機会にご覧ください

今日11月15日は石井神社例大祭です
合わせて進めていた整備事業で鳥居や参道が竣功しました
初くぐりの式典には山口伸樹笠間市長や地元市会議員をはじめ多数参列のもと行われました
夜中に書き上げた式次第
運営から祭典まで1人なので、写真はあとからもらいます
総代さんたちが朝早くから準備を手伝ってくれて、ハプニングもありつつですが、大過なく終了
引き続き例大祭を奉仕、鳥居などの竣功も神前に奉告しました
今日だけは前宮司の形見の装束を着させてもらいました
午後からは神賑行事、地域の皆様が集まってカラオケ大会など盛り上がりました
途中に美川憲一のそっくりさんなどゲストとして登場するなど、楽しそうでした
4時からお菓子やお餅をまいて終了

なんとか無事に役目を果たせたかな

今日は試しに鳥居のライトアップしてみました
なかなか綺麗ですねー、提灯も今日で片付けますので、次は正月かなあ

また写真は後日アップします

石井神社名誉総代の蛯沢卯一様が本日西茨城支部神社総代会で神社庁表彰をいただきました

永年先代宮司とともに神社のために奉仕いただき、現在は高齢のため名誉総代として、神社を支えていただいています
本当におめでとうございます

午後からは例大祭前の〆縄交換と提灯掛けが出来ましたので、提灯の設置を行いました
年番区の皆様お疲れ様でした
夜の風景、綺麗です
綺麗なのを作っていただきました、感謝
夜8時くらいまでは毎日点灯しておこうかと思います
鳥居竣工の後は鳥居のライトアップも行う予定ですので、夜の石井神社の幻想的な風景も是非ご覧下さい

写真が暗いですね
夜の眺めですが、結構幻想的でいいですよ
内職してたぼんぼりの張替えが出来たので、拝殿に戻しておきました
地道な作業で疲れましたけど、LEDにしたこともあり、明るく綺麗です
金幣の交換もしたので反射もしてるし、夜だけの風景です

明日は例祭前恒例のしめ縄の交換なので、紙垂も大量に作製しました
鳥居のはすぐにちぎれてしまうので、間に両面テープを貼ると耐久性が上がると先輩に教えてもらったので試してみます

さて、正月の準備も進めています
一番大変なのは幣束作りです
石井神社と兼務する神社で大体700〜800くらい作らないといけないのです
まずは小竹を山から採って来ます
いい場所を見つけたので綺麗なのが沢山取れました
一定の長さに切って
被っている所を少しだけ残して小刀で切り取り
抜きます
後は中央を小刀で割って、紙を切った御幣を差し込む場所を作る地道な作業
まだまだ足りないけど、今年のは綺麗なのが多いので汚れを磨く作業が楽です
写真のとは違う場所でとったのは、ほとんど磨かなくても綺麗なのがあるんですよね
去年は働いていたから、東京から週末来ては夜中まで作って東京戻っての繰り返しで、朦朧としながら作っていたのを思い出します
まだ御幣は切ってないので、あとは例祭終わってからの作業かな

別の話題ですが、先日参拝に来られた方から御朱印をお願いされました
その方は、以前に来た時に兼務社を回りたいとのことで、今回時間をとって全部回って参拝してこられたんです
で石井を含めて7枚御朱印を書きました
熱心な方ですね
兼務社のは初めて書きましたが、もちろんご参拝いただければ御朱印も受け付けます
参拝しないとダメですけど

例大祭まであと数日、やらなければいけないことが山積みですが、日中は工事やら来客やらで作業や資料作りが進みません
毎日夜中までなので、例大祭終われば一日くらい休みたいところですね、もう少し頑張ります
今日は石井の上区の三峰神社講社のおまつりでした
埼玉県の三峰神社から御分霊をいただいていて、古くから祭典を行なっています
お犬さまの信仰で火付盗賊、猪鹿などの獣の害から守っていただいています
近年は全国的に様々な講組織が減ってきていますが、しっかりと続けられていることはありがたいことです

さて、昨晩は前の鳥居の扁額に墨入れをしました
拝殿に移して飾る予定です
なかなかうまくできたと思います
しっかりと表面を削っていただいていたので、うまく墨が入りました
完成したものは例大祭のお楽しみということで
拝殿の金幣もくすんでいたので、新調しました
あとぼんぼりも修理していますが、根気のいる作業でまだまだ終わりません
電球はLEDにして、光量も明るくなるようにしています
少しずつできることを行い境外の整備だけではなく、殿内もきれいにしています
お願いしていた拝殿の扉、ここまで綺麗なの作っていただけるとは、感激です
今まで正面扉は開けていましたが、ゴミやホコリ、落ち葉などが入り込み汚くなっていました
今日から閉めたままです、でもガラスを大きく入れてもらったので中も見えるし、明るく広く見えます
老朽化しているのを例祭までに正面だけは仕上げると言って下さって、昨晩完成しました
大工さんが自宅の良いところで使おうと取っておいた材を、神社に使ってくれたんです
一枚板の良い木目ですよね
格子も前より広くして間にガラスを落としてありますので、内外どちらからの見た目も綺麗です
周りの汚いのが一層目立つようになりました(笑)

鳥居の工事も⛩進んでいます
脇の柱にも屋根が付きました、後は金属を貼って黒く塗装します
足回りも黒いコンクリートで丸く仕上げる予定です

で宮司も頑張ってDIY
本殿に続く扉を加工してみました
ここはガラスのない格子でしたので、冬は寒い風が入るし、もちろんゴミやホコリも入ってきていました
正面扉も綺麗になったので、こちらもなんとかと考えて窓を製作
ガラスは入れられないので、ペット素材の板とヒノキの薄い棒を買ってきて、付けてみました
まあ綺麗にできたんではないでしょうか
数百円で出来ましたが、しばらくは大丈夫そうです

例大祭まで2週間を切りました
準備はまだまだ残っています…頑張ります

先週の大安日曜は台風だったので、少し遅れて鳥居の立ち上げをしました
午前はなんとか雨ももつかなと思いながら、宮司は兼務神社のお祭りなどがあり外出しがちな中、総代さんの会社の重機や、鳥居を作ってもらった業者さんなどの協力のもと進められました
尚、動画はフェイスブックに上げてあります
あとは溶接や小屋根の取り付け、接着部の塗装や扁額設置など、細かな作業をもって完成となります
国道355を戻ってきたら、遠くから見える鳥居は圧巻でした
朱色というより赤の濃い塗装にしてもらいましたが、色の好みは十人十色なので、どうでしょう
最後は宮司の権限で決定させてもらいました
近所の山口伸樹笠間市長もかけつけていただきました、右手前の方です
前の鳥居の扁額です
鳥居のは新しく作ったので、拝殿に設置します
綺麗に磨いてきただき、裏には墨書きも残っています
少し形が見えてきた整備事業
多くの方々からのご寄付をいただいて、氏子の皆さんが作り上げる神社です
立派な神社になっていく姿を皆さんが誇りに思っていただければ、この上ない幸せです
神さまもお喜びです
いよいよ部品が運び込まれました
11月15日の例祭に間に合うよう進めてもらってますが、先の日曜の予定が台風で流れました
明日の土曜も大安なので、建て始められそうです
しかし少し午後からは怪しい空模様…神頼みしますか
楽しみですね
お近くの方は、見学にでもいかかですか?

季節外れの台風、社殿など特に被害もなく、風除けのお祭りの祈願が届いてたのでしょうか
濡れた社殿は水拭きにちょうどいいので、ついでにいつも以上に拭きます
枝葉はたくさん落ちてますので、片付けですが濡れていてははけませんから、翌日乾いてから掃き掃除をしました
そしたら
そう、スズメバチですよね
落ちた柿をつついていました
どうやら飛べなさそうなので、駆除させてもらいました
危険ですからやむを得ない

午後からは神社の敷地を広げるのに、電柱と支線が邪魔なので、東電と工事打合せです
目一杯に壁作ると電柱がぶつかります
NTTに交渉してましたが、移設は難しそうなので、東電も含めて支線をハの字に二箇所引っ張ってもらうことに
少しはマシになるかな
このままだと目立ち過ぎます

その後は正月の準備を早めにと、小竹を取りに行ってきました
まだ全然足りないので、どこかで見つけないと
お正月の御幣の芯に使います
紙垂切ったり、お札の用意やら兼務神社もあるので早めに準備です
節分までバタバタしそうです

もう来年の用意してると思うと、一年早いものですね

今年から宮司デザインのポスターチラシとなりました

無料ソフトを使用しており、使用法も勉強しながらですのでお恥ずかしいですが、まあまあきれいに仕上がったと思います

印刷はいつものプリントパックさんです

今回はPDFの入稿にしたので、仕上がってみないとわからないところがあり心配でしたが、さすが大手ですのできれいな仕上がりです

少し赤みがでていなくて、オレンジっぽくなってしまいましたけど、校正なし1000枚で4000円弱ですから仕方ないですね

あとは掲示用の大きめポスターを作ります

写真用のスーパーファイン紙に印刷して、ラミネートです

プリンターはA4までなので繋ぎ合わせです…A3の買おうか悩んでます

A3のを数枚出して、神社の掲示板用にA2をとりあえず1枚作りました

つなぎ合わせるので、このデザインだと真ん中で切れた場合はきれいに仕上がります

しかし4枚合わせのA2だと真ん中が切れるんですよね

どうもかっこ悪いです

あと印刷にしてみると、文字をあまり端っこに書かない方が良いですね

なんか端が切れたみたいに見えるんですよね

次回からはこういったことも考えながら、デザインをしてみようかと思いました


来週には鳥居を建てる工程にも入ってきそうです

正月や節分の準備もあるし、兼務社のお祭りや御幣作りもあるので、だんだん忙しくなってきそうです

神無月10月のおまつりに行こうとしたら、白猫がお出迎えしてくれました

最近境内でよくみかけます

故郷の熱田神宮では御神木の大楠に住む白蛇をみかけると縁起が良いと言われていましたが、石井神社では白猫ですか、しょっちゅういますけど…

昨日は総代会でした

秋祭りの予算や、例大祭に併せて鳥居の竣功行事を行うことなどが決議されました

下の写真は会議の説明で使われた鳥居の1/10模型です

年々氏子さんからの祭典費などの歳入が減少していますので、今まで通りではお祭りができません

以前の職場を反面教師にして、まずは歳入を増やすより、歳出を見直すことから検討しました

消耗品や備品は使えるものは今年は計上しないことや、配布するチラシも自分でデザインしてネット印刷に出すことも了解していただきました

両面印刷しますので110キロの紙厚にして1000枚印刷、3600円くらいです

2万円くらいうきました(笑)

さて、境内の様子ですが、拝殿が少し雨漏りしているようなので、近所の瓦屋さんに来てもらって修理していただきました

先日社務所の雨漏りを直してもらったばかりなんですけど…

鳥居の基礎はこんな感じです

参道の石橋は、橋がつけられなかったのですが、氏子さんにとっての懐かしい雰囲気はでていると思います

例大祭までに完成する目途がたっていますので、楽しみにしていて下さい

御朱印ブームなんですよね
月に数人当社でも求められます
当社は御朱印がなく、いつも神璽を押していましたので、他の用途もありますし新しく作ることにしました
文字もどうしようかと迷いましたが、戦前までの石井神社の名前である「石井大明神」で作りました
今まで通り書いてみると
これまでは
字の下手さはともかく、なんとなく収まりが悪くなった気がします
以前までは神璽であるということもあり、御祭神を総代ですら知らない現状でもあったので、神名を入れてましたが、今回のはどうも違和感が…
もう少し検討してみますが、しばらくは試行錯誤で色々な書き方になるかもしれませんね

少し東京に所用で出ていて戻りましたら参道が完成していました
以前より幅広く敷石を引きました
入り口には以前水路に架かる石橋があったものを再現しようとしましたが、新たな石を足すと調和が取れないこと、雨水の流れのこともあり、両側の橋の手すり部分というのでしょうか両側の部分だけ再現しました
綺麗になりましたね
11月の例祭には鳥居も⛩竣工予定で楽しみです