宮司家の歴史

享保5年(1720)仁平正次

神道裁許状

江戸時代、神職の資格は京都の吉田家(吉田神社)から授与されていました。吉田家の祖は、古代より祭祀を司る卜部氏で、幕府より「神祇管領長上」称号をいただき、全国の神社に神様の位を、神職に資格を与えていました。

最初の画像は、石井神社(石井大明神)の神主、仁平正次が享保5年(1720)に与えられた「神道裁許状」です。また以下に残存するものを載せています。

これ以前のものは、焼失してしまい不明ですが、長い歴史の間、仁平家が神主を務めていたことがわかります。


笠間城主として延享4年(1747)に移ってきた日向延岡藩の牧野貞通が、仁平家を神主として連れてきたと言う話も聞きます

また石井神社の仁平とともに、近隣には宮司を務める仁平家があと2つあります

しかし神主として裁許状をいただいているのが、その30年近く前になります

但し、この裁許状には神社名がありません

この点はもう少し調べる必要があるでしょう


石井神社 歴代神主

享保5年(1720)頃 仁平正次(裁許状の日付)

宝暦2年(1752)頃 仁平正明(裁許状の日付)

享和3年(1803)頃 仁平正全(裁許状の日付)

嘉永6年(1853)頃 仁平正隆(裁許状の日付)

慶應元年(1865)頃 仁平正齋(裁許状の日付)

明治6年(1873) 仁平正濟(県の辞令日)※上記正齋と同一人物

明治頃~     仁平正義

昭和12年(1937)仁平 進(宮司就任日)

昭和37年(1962)仁平正晴(宮司就任日)

平成29年(2017)水田和宏(宮司就任日)

※記録でわかっている分だけを列記しています。中抜けなどがあるかもしれません。

宝暦2年(1752)仁平正明

享和3年 仁平正全

(書き下しをしておきます)

常陸國茨城郡古町村「石井大明神」の神主「仁平飛騨守(ひだのかみ)藤原正全」風折烏帽子(かざおれえぼし)、狩衣(かりぎぬ)を着ること先例に任(まか)す。専ら(もっぱ)社職格式を守り、抽(ひ)いて精祈すべきもの也。

神道裁許状件(くだん)の如し。

  享和三年閏(うるう)正月二十六日

 神祇官領長上正三位侍従

卜部朝臣良連

嘉永6年(1853)仁平正隆

慶應元年(1865)仁平正齋

明治6年(1873)仁平正濟

明治に入り国(茨城県)から辞令をもらっています